【自分で髪を切る!?】大学生にはセルフカットがおすすめ!

みなさんは髪を切るときはどこで切りますか?

美容室だと3000円以上かかることもあり、安い場所でも2000円はかかりますよね…。
大学生にとって散髪代は痛い出費ですよね!

そこまで質を求めない人は1000円カットで出費を抑えることはできますね!
しかし、年間5000円はかかってしまいます…。

散髪代を極限まで削りたい!という人にはセルフカットをおすすめします!

ぶーた

じ…自分で切るなんて無理なのだ!

うーま

この記事では必要な道具切り方を紹介するよ!

目次

セルフカットのメリット

お金がかからない

1番のメリットはこれですね!
数千円の散髪代が浮くのはめちゃくちゃありがたいです。
年間で1万円以上の節約になりますよ!

また、必要な道具は3000円以内で購入することができるので、ひょっとしたら一回の散髪代より安いかもしれませんね。

自宅で散髪できる

散髪しに行くのって意外と面倒ではないですか?

セルフ散髪だと好きな時に散髪できるので、わざわざ予約する必要もないですし、1ヶ月に何回も散髪することだってできます!

セルフカットのデメリット

切るのが不安

普通は自分で髪を切ることなんてないので、不安になるかもしれません。
さすがに美容師さんのようにうまくは切れませんが、それなりの髪型を維持することはできます。

髪型にこだわりがない方は不安がらなくても大丈夫だと思います!
私は1年間、自分で髪を切っていますが周りの人に気づかれたことはありません。

後ろの方が切りにくい

自分で髪を切ろうとすると後ろの方がとても切りにくいですね…。
ここは慣れていくしかないですね。

それか、後ろの方は友達や家族に切ってもらうのもありですね。
私は後ろも自分で切ってます!

セルフカットに必要な道具

ハサミ

必要な道具一つ目はハサミです。
ハサミを使うことで、髪の毛を切ることができます!(当たり前ですね笑)

散髪専用のハサミを買う必要はないと思います。
私は家にあった普通のハサミで髪を切っているので、わざわざ買いなおす必要はないです。

一応、カット専用のハサミも売られているのでこだわりたい方はぜひ買ってみて下さい!

すきバサミ

必要な道具2つ目はすきバサミです!
すきバサミは全てを切ってしまうハサミとは違い、切る髪の量が調節されます。

片方の刃がギザギザしており、そこに入り込んだ髪の毛はカットされないので毛量を調節できるのです!
ただのハサミのみでカットしようとすると、髪型が不自然になるのですきバサミは用意することをおすすめします。

バリカン

必要な道具3つ目はバリカンです!
小さい毛をハサミで切るのは至難の業なのでバリカンが必要になってきます。

今は髭剃りとバリカンが兼用になっているシェーバーが売られているので、それを買ってしまうのもありですね!
私は3000円くらいのバリカンを購入しました。

2000円で売られているので意外と安いですよ!

実際に切ってみよう!

私ははさみ→すきバサミ→バリカンの順番で髪を切っていきます。

まずハサミで「ここは絶対にいらないだろ」と確信を持った部分を切っていきます。
ポイントとしては、「ここは切るの不安だな」と思った部分は切らないことです。

ハサミである程度切り終わったら、次にすきバサミを使っていきます。
すきバサミで毛量を調節することができます。

「ここは切るの不安だな」と思っていた場所はすきバサミで切ってしまいましょう!
全てカットされるハサミと違って安心です。

前髪もすきバサミで切ることをおすすめします。
ハサミで切るとぱっつんになって、不自然な髪型になってしまうので注意が必要です。

最後は仕上げにバリカンを使って刈り上げていきます!

以上で散髪は終わりです。
いつも10分もかからないので、10分カットより早く髪を切ることができます!

まとめ

いかがだったでしょうか?
セルフカットには不安もありますが、一度カットしてしまえば慣れてくるので安心してください!

最近はコロナの影響で在宅が流行しているので、在宅カットにチャレンジしてみて下さい!

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる