【独学プログラミング】1ヶ月報告

独学でのプログラミング学習を開始してから約1ヶ月が経過しました。
半月が経過した時点での報告の続きになりますので、以下の記事を読んでいただけると分かりやすいです!

1ヶ月報告の後編を書いていこうと思います。

目次

模写コーディングとの戦い

模写コーディング入門①

まず模写コーディングを始めるにあたって初心者でも模写しやすいサイトを2つほど行いました。
半月報告ではレスポンシブ対応が壊滅的でしたが修正することができました!

こちらが完成したサイトです。
セレクトボックスを完全に忘れていましたが、調べながらなんとか作成することができました!

パソコン画面からモバイル画面に変化することによって表示もしっかり変わっていますね!

うーま

ナビが変な感じなのは気のせいかな?

ぶーた

そ…そこは突っ込まないでほしいのだ…

模写コーディング入門②

同様に初心者が取り組みやすい模写コーディングをもう一つ挑戦しました!

このサイトを模写する過程で大変だったのは複数画像の配置お問い合わせフォームの設置ですね。

複数画像をflexで指定して配置するのですが、モバイル版では1列に表示させるので少し頭を使いました。

お問い合わせフォームではHTMLでtextareainputを設定するのですが、忘れていたため少し時間がかかりましたね。
しかし、1回目と比べて完成度はそれなりに高いのかなと思います!

うーま

上達してるね!

ぶーた

えへん!

iSara 模写コーディング

入門の模写コーディングを2回終えた後はiSaraの模写コーディングに進みました。
iSaraとはプログラミングの養成講座で、多くの人がそのサイトを模写して練習しています。

模写した作品を自分のポートフォリオに組み込むこともできるので、iSaraの模写コーディングは人気となっています。
ちなみにiSaraの模写コーディングはそこそこ難しいので簡単な模写コーディングを2つ終わらせた程度の初心者がすることではありません(笑)。

なんとか食らいついて模写した私のサイトはこんな感じです。

ところどころにおかしい場所がありますがそこは目を瞑ってください(笑)。
かなり量が多く、5日間くらいかかってしまいましたね…。
ちなみにレスポンシブ対応は行ってないです。

iSaraの模写コーディングをするにあたり、コーディングがすらすらと書けるようになってきました。
また、flex表示クラスの付け方などもだんだん慣れてきましたね。

最後の「よくある質問」のページは質問をクリックすると答えが表示され、再びクリックすると閉じる仕様になっています。
これを実行するためにはjQueryが必要になります。

ぶーた

最後にラスボスが現れた感じだった…。

私はHTMLとCSSに夢中だったので、jQueryの基本も忘れていました。
ここで、プロゲートに戻り、初球から上級までjQueryの講座を終わらせてからiSaraの「よくある質問」を完成させました。

プロゲートを一周すれば簡単に作れるようになりますよ!

ポートフォリオ作品制作

iSaraが80%ほど完成したらレスポンシブ対応は面倒くさそうだったので放置して、ポートフォリオに掲載する作品制作に取り掛かりました。

早く自分の作品を作ってみたかったので、ウキウキしながら取り掛かりました!

それっぽいものを作ってみましたが、ダサすぎてかなりへこんでいます…。

おしゃれなサイトをのぞいてみると、独自のデザインが施されているものが多く、HTMLとCSSのみでは限界を感じました。

そこで、イラストレーターフォトショップをインストールしてウェブ制作を本格的に行おうと考えました。
普通なら月6000円かかりますが、学生だと月2000円で利用できるのでかなりお得ですね!

ぶーた

学割最高!

今はイラストレーターの本を読みながら勉強しています!
これでおしゃれウェブサイトに一歩近づくはず!

独学は厳しい?

1か月間独学でプログラミング学習しましたが、今のところは独学でも問題ないかなと思っています。

iSaraの模写コーディングでは細かいところが分からずに、放置してしまいましたが、プログラミングスクールに通っていれば解決できていたでしょうから、独学だと効率は悪いかもしれません…。

2か月目の目標

2か月目の目標はポートフォリオの作品をいくつか作り終わることです!
そのためにイラストレーターフォトショップを使えるようになっていたいですね。

2か月目報告では作品を掲載できるように頑張ります!

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる