【一人暮らしの大学生必見】NHKの対処法

ぶーた

NHKの人が家まで来たけどどうしよう?

1人暮らしを始めるとNHKの人が訪れてきます。
そのときにどう対応すればよいのか?
もう契約してしまったけどどうしたらいい?
こういった疑問に答えていこうと思います!

目次

私の体験談

NHKとの契約

私は大学に進学すると同時に一人暮らしを始めました。
1人暮らしを始めて、1ヶ月が経つか経たないかの時期にNHKの人が家にやってきました。

お宅の家にはテレビが設置されていますよね?
電波がキャッチされてるので分かるんですよね。
(※電波をキャッチされることはほとんどないようです)

何の知識もなかった私はNHKの人の言われるがままに契約をしてしまいました。
しかも衛星契約です…。

NHKの契約は2種類
地上契約…地上波のみの契約で月1260円
衛星契約…地上波やBSを含む契約で月2230円

これでBS見放題ですからね!と笑顔で言われたのを未だに覚えています…。
そのあと一回も見ることはない…。

NHKの対処

私はネットフリックスに加入しているのですが、面白いアニメやドラマがたくさんあって最高の有料コンテンツです。
しかも月1000円かかりません。

ぶーた

あれ?毎月2000円以上払ってたのなんだっけ?

ここでNHKの契約が高すぎじゃないのか?と疑問が湧きました。
NHKなんて普段見ませんし、衛星放送なんて1度も見たことありません。

NHKにお金を払ってるのが嫌になったのでNHKを調べつくしました。

ぶーた

NHKにお金なんて払いたくない!

私はある方法を使ってNHKにお金を払わずに済みました。
NHKへの対処法をいくつか紹介していこうと思います!

NHKへの対処法

NHKと契約しない

一番手っ取り早いのはNHKと契約しないことですね。

ぶーた

契約しなくてもいいの?

NHKと契約するのは義務ではありますが、罰則が規定されていません。
よって、テレビを持っていようがNHKと契約しなくても罰は受けないということです。

可能性はかなり低いですが、裁判になったとしてもテレビを他の人に預ければ契約義務は発生しないので裁判で負けることもありません。

もし、NHKの人が来たら
「すみません。契約は一度親に確認しないといけないので今日のところはお引き取り下さい。」
とでも言っておきましょう!

口座振り込みから払込用紙に変更する

口座にお金があると2か月に一度NHKから自動的に受信料が引き落とされていきます。
口座の残高を0円にして支払わない方法もありますが、口座振り込みから払込用紙に変更する方法があります。

払込用紙の場合、コンビニなどで払いに行きますが、この払込用紙を無視し続けるという方法です。
督促状が届き、延滞料金もかかりますが、裁判になる確率は交通事故を起こすよりも低いと言われています。

また、裁判で請求される金額は時効の関係上、直近5年間分の受信料で、それ以前の分は払わなくてもよいとされています。
なんか得した気分ですね(笑)。

しかし、財産を差し押さえられる可能性があるため、この方法はあまりおすすめしないです…。

テレビを捨てる

そもそもテレビが必要ですか?
今の時代、ネットフリックスHuluAmazonprimeなどの有料コンテンツ、YouTubeが見れれば満足ではないですか?

そんな人にはテレビを捨ててしまうことをおすすめします!
テレビの代わりにディスプレイPCタブレットなどで視聴しましょう。

正々堂々と契約を解除できるので、なんのうしろめたさもありません。

NHKとの契約を解除する際に、テレビを見れる通信機器がありますか?と聞かれますが、はっきりNOと言いましょう。

受信料免除

私はこの方法で受信料の支払いが必要なくなりました。

大学生のみなさんで奨学金をとっていたり、授業料の免除を受けている方はNHKの受信料が免除されます。
私はこのことを知らなくて3年間もNHK代を払い続けてしまいました…。

まだ受信料の免除を申請していないという人はすぐに申請しましょう!
申請はネットからでもできるのですぐに終わります。

申請をするとこのような書類が送られてきて、受信料の支払いを免除されます。

まとめ

私自身、無駄にNHKの受信料を支払っていたため、多くの大学生にこのことを知ってもらいたいです。

NHKと契約するといろいろと面倒なので契約しないことが一番なのかな、と思います。

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる