【北海道大学 教育学部】取得できる資格一覧

今回は北大の教育学部で取得できる資格を紹介します。
今までの資格紹介で教員免許や学芸員は省いていたので教育学部でも省いています。

目次

社会福祉主事

社会福祉主事任用資格です。
任用資格とはその職業に就くことによって効果を発揮する資格です。持っているだけでは意味がありません。

社会福祉主事には福祉事務所に訪れた人の対応をして、生活保護申請の受付などを行うケースワーカーと呼ばれる人やケースワーカーを監督したり、生活保護の申請書の確認を行ったりするスーパーバイザーと呼ばれる人がいます。

社会福祉主事になるには公務員の試験に合格しないといけないので、対策が必要ですね。

社会教育主事

社会教育主事は社会福祉主事と同様に任用資格になっています。
なので社会教育主事になるためには公務員試験に合格しなければなりません。

社会教育主事は公民館などで教育活動を行っている人たちにアドバイスをしたり、自ら企画を運営したりします。
小学生の頃は公民館のイベントによく行きましたね!
知らず知らずのうちに社会教育主事の方にお世話になっていたんですね。

ぶーた

うどん作り教室楽しかったな~。

児童福祉司

この児童福祉司という資格も任用資格になっています。
児童福祉司は児童相談所に配属されることによって資格の効果が発揮されます。

児童福祉司の仕事=児童相談所での仕事というイメージですね。
子供や親の相談に対応したり、虐待などの問題がある場合には子供と親の間に入って、問題を解決するといった仕事があります。

児童相談所はニュースやドラマなどでよく登場するので仕事のイメージが湧きやすいですね!

公認心理師

教育学部では公認心理師の受験資格を取得することができます。
しかし、卒業するだけでは受験資格を取得することはできません。

学部在学中に公認心理師受験の要件となっている科目や実習を履修しなければなりません。
さらに公認心理師に対応している大学院修士課程に進学するか、実務経験を2,3年経験することによってはじめて受験資格を取得することができます。

ぶーた

受験資格を取得するまで大変なのだ…。

公認心理士の仕事は心理に関する支援を行うことです。
具体的には病院や小学校、児童相談所に勤めて悩みや心の病がある人の相談に乗ったり、解決へと導いたりしています。

国家試験はどんな感じ?

実はこの公認心理士は2017年に誕生した新しい資格で、まだ試験が数回しか行われていません。
試験内容としては心理学に関する問題が多く、他には人体の構造や病気についての出題もあります。
出題形式は全問マークシートとなっています。

合格率はかなりばらつきがあります。
1回目の試験は80%近くの合格率があったものの、2回目、3回目の試験の合格率は50%程度と30%ほど落ち込みました。

この傾向が続くか、1回目の試験のように合格率が上がるのかは分からないですね…。

臨床心理士

教育学院にある臨床心理学専修コースに入学し、必要な単位を修得すると臨床心理士の受験資格を取得することができます。

臨床心理士とは心理学を駆使して心の問題を解決するプロフェッショナルです。

ぶーた

ん? 公認心理師と何が違うんだ?

公認心理師と臨床心理士の明確な違いはまだはっきりしていません。
違いを上げるとすれば、公認心理師は国家資格で臨床心理士は民間資格ということですね。

今後、国家資格の優位性が出てくる可能性もあります。

ぶーた

心理師と心理士の文字にも違いがある!

試験はどんな感じ?

臨床心理士の試験では心理学に関する択一式問題、論文記述式問題に加えて面接も行われます。
合格率は過去5年は60~65%ほどで、公認心理師と違って安定してますね。

まとめ

以上で教育学部で取得できる資格紹介を終わります。

公認心理師と臨床心理士の関係性について今後も目が離せませんね!

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる