北大ー自由設計科目って何?設計した方がいいの?

ぶーた
授業をほとんど前期でとって後期は楽したいなー。
うーま
前期に履修できる単位数は上限があるよ!
ぶーた
えー!そうなの?残念…。
うーま
しかし、ある制度によって授業を多く履修することができるんです!

今回の記事では自由設計科目制度の内容と設計するべきかについて解説していこうと思います!

自由設計科目とは?

自由設計科目制度とは学習意欲の高い学生がGPAにとらわれずに多くの授業を履修することができるための制度です!(表向き)
自由設計科目は前期後期で各2単位ずつ登録できます。
登録された授業の成績や単位は移行点や進級要件、卒業要件に反映されません。

え?なんか微妙な制度だな…。と思いますが、この制度にはあるメリットがあります。
それが登録区分の変更です!

自由設計科目として登録しておいた授業はある期間に登録変更をすると、卒業要件などの対象とすることができます。
そして、この登録変更の際に上限を越えることができるのです!

23単位が上限となっていますが、この自由設計科目制度を利用すると25単位まで履修することができるのです!

自由設計科目は登録した方がいい?

自由設計科目は登録しておくことをおすすめします。
特に夏休みの宿題を早めに終わらせたい性格の人にはもってこいの制度です(笑)。

自分が必ず取るべき授業は自由設計科目に指定しないようにしましょう。
一番優先度の低い科目を登録しましょう。自由設計科目を期間内に登録変更し忘れる可能性もあるので。

自由設計科目制度を利用することによって23→25単位に上限が変更されるので、後期は21単位履修すればよく、少し気が楽になります。

授業の内容が面白くなかったら自由設計科目のままにして授業の出席をやめればいいだけですので、とりあえず登録してみましょう!

登録期間になったら北大からメールが来ますし、私のTwitterでもアナウンスします!

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる