北大新入生必見!ー現役北大生が履修の組み方とおすすめ授業を解説!

今回の記事では北大の授業の履修の組み方を解説していきたいと思います!
令和3年版 総合教育部便覧を参考にしたので最新です!

ぶーた
履修がややこしくてどの授業を取ればいいのかわからない!
うーま
今回は履修の組み方とおすすめの授業も解説していくよ!

要件を満たそう!

履修を組む際に移行点の算出と卒業要件を満たすように組む必要があります。
卒業要件は各学部で異なっているので注意が必要です!

要件を満たせるような履修の組み方をまとめてみました。
この要件を満たせば理系の学部でしたら進級することができます(医学部除く)。


赤字の科目は必修であるか、取ることを強くおすすめする科目です。

赤字を合計すると28単位になります!
フレッシュマンセミナー2単位
総合科目2単位
主題別科目6単位
基礎科目6単位
これらが赤字以外で必要な単位数で、赤字と合計すると44単位になります。

卒業するためには46単位が必要なのであと2単位好きな科目を選択しましょう。
基本的には46単位ピッタリではなく、2単位ほど余裕をもって取ることをお勧めします!
私は少し余裕を持って48単位取りました。

おすすめ授業と授業内容

【フレッシュマンセミナー・総合科目・主題別科目】
この区分の授業はたくさんあるので興味がある授業を取ることをおすすめします!
フレッシュマンセミナーには面白くて個性的な授業があったり、夏休みに授業を行う集中講義があるのでいくつか取っておいてもいいでしょう。

選択肢が多いため、総理の方はここで成績の取りやすい授業を探してみるのもありかもしれません。
「北大 gsearch」と検索すると授業別の過去の成績が分かりますので参考にしてみて下さい!

【外国語科目・外国語演習】
個人的におすすめなのは第二外国語演習です!
基礎から学べるため、授業内容が簡単ですし、必修の第二外国語でも同じような内容を勉強するので予習や復習になったりして理解力が深まります。

【共通科目】
情報学Ⅰは自然科学実験と並ぶ課題の多い授業になるので頑張ってください!
統計学はどの研究室に行っても必要になってくるのでしっかり授業を受けた方がいいでしょう。
体育Aは1単位ですが、運動して気分がリフレッシュするのでおすすめですよ!

【基礎科目】
数学は前期に履修しておきましょう!
前期の数学は基礎的な部分が多いのでしっかり勉強すればついていけます。
後期の数学はかなりレベルアップするのでおすすめしません。

実際、私は後期に微分積分と線形代数を受けたのですが、線形代数は何言ってるか分かりませんでした(笑)。
後期に履修する際は微分積分をおすすめします!

物理は前期は簡単なので物理選択の人は勉強しなくても好成績を取れるでしょうし、生物選択の人も理解できると思います。
後期は物理選択の人でも難しいです。私は高校の得意教科は物理でしたが、物理が嫌いになったほどです!必修なのでこころして授業を受けましょう。

化学は前期も後期も難しかった印象です。後期は有機化学を学びますが高校の構造決定のような楽しい問題は出てきません(笑)。

生物は暗記すれば、ある程度の得点は取れるので物理選択者でも苦にはならないです。生物選択の人はかなり余裕そうでした。

私は地学も取っていたのですが、私のクラスはノートと発言のみで成績が決まるという特殊な授業だったため、参考にはなりづらいかもしれませんが、授業内容は面白かったのでおすすめです。

自然科学実験は物理、化学、生物、地学の中から2つを履修します。私が1年生の時は希望調査が行われ、ある程度自分で決められたのですが去年は勝手に振り分けられる方式だったので、今年もその可能性が高いです。
課題の大変さは、物理>化学>生物=地学の順番という印象があります。
ちなみに生物と地学は人気が高いので、2つとも選択すると高確率で化学か物理に飛ばされます(笑)。

まとめ

参考になったでしょうか?参考になっていたら嬉しいです!
2021年の履修登録は月曜日からなので忘れないようになるべく早く登録しておきましょう!

時間割を早めに組んで大学生活を楽しんでください!

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる