北大農学部の学科別紹介!

今回は北大農学部の学科別紹介をしていきたいと思います!

私は農学部には知り合いが多いため、学部別紹介よりは詳しく書けるはずだと自負しています(笑)

 

生物資源科学科

この学科は農学部の中でも1,2を争う人気学科です。昆虫や野菜、作物などの研究を主としています。フィールドワークがメインな学科なため、畑や水田での実習が毎週あります。収穫した野菜などは食べれるらしいです!札幌近郊に植物園があったり、北大内に畑や水田があるのは驚きです。

応用生命科学科 ③生物機能科学科

すみません。知り合いがいないですし、この二つの学科の違いも分かりません…。共通して言えることは室内での実験が多く、レポート課題が多いイメージがあります。なにか違いをあげるとしたら、生物機能には2年生の学生部屋がないことが不便らしいです。私なら応用生命を選ぶかな(笑)

 

森林科学科

北大は多くの敷地を持っていて、特に森林の敷地が多く、道内のみならず本州にも持っています。北大の所有敷地面積は大阪府の半分に値するらしいです。(想像できない…)

なので森林科学科は北大の所有する森林で泊まり込みで実習をすることが多く、楽しそうなイメージがあります。

 

生物環境工学科

この学科は農学と工学を掛け合わせたような学科です。トラクターの自動運転などのスマート農業を推し進めているイメージがあります。なので、この学科では生物のみではなく物理なども学んでいく必要があります。物理も生物もどっちも好き!という人(いるのかなそんな人?)におすすめです。

 

農業経済学科

この学科は少し文系よりの学科です。なので大学院まで進学する人は少ないイメージがあります。どのように農業を盛り上げていくかに視点を置いている学部だというイメージを持っています。また、この学科では農家での泊まり込み実習があると聞きました。楽しそうです。私は総合理系で入ったけど、文系の方がいいかもしれないと思った人にはおすすめの学科です。

 

畜産科学科

いよいよ最後の学科です。私は畜産科学科に所属しているため、書こうと思えばいくらでも書けます(笑) 畜産科学科は農学部の中でも実習がもっとも多い学科だと思っています。北大内に牧場とバターやチーズ、ソーセージなどを作る工場があります。2.3年生だと授業の半分は実習か実験です。1学年の人数が20人程度と少なく、実習も多いため学科全員と仲良くなれます!(男女比も半分くらいでちょうどいい!)

また、北大外にも牧場を持っているため、夏休みにはその牧場で乗馬をしたり、牛の行動を観察したりする実習もあります。しかも2週間!私は畜産科学科に入って良かったと思っています。

 

以上で農学部の学科紹介は終了です。

少し畜産科学科をひいきしながら書いてますね、すみません(笑) 個人的には実習が多い学科は楽しそうなイメージがあります。なので、生物資源、森林、畜産がおすすめです。ラボで実験するのが好きなんだ!という人は応用生命生物機能がおすすめですね(究極に迷ったら学生部屋のある応用生命がおすすめ)。

畜産科学科についてはまだまだ書けることがあるため、コメントなどありましたら記事を書こうと思います!

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる