北大がっかりスポット3選

北海道大学は札幌の観光地として有名です。
景色がきれいで写真映えしそうなスポットがたくさんあります!

しかし、そんな北大にもがっかりスポットが存在するのです…。
私が思うがっかりスポットを3つ紹介していこうと思います!

目次

① クラーク像

北大の中にはたくさんの銅像が建てられています。
クラーク像をはじめ、新渡戸稲造像や佐藤昌介像、農学部棟には歴代総長の像が10個ほど建っています!

みなさんはクラーク像と言えば、上の写真のようなクラークさんをイメージしていませんでしたか?
未来を指さして大志を抱け!と言っているようなかっこいい銅像ですよね。

北大にある銅像はこちらです。
思ったより小さく、普通の銅像です。

一番上の写真のような銅像を期待していた人にとっては少しがっかりですよね…。

一番上の写真は羊ヶ丘展望台という観光地にある銅像です。
北大から10㎞も離れていないのでぜひ行ってみましょう!
北大の銅像を拝んでから向かうと羊ヶ丘展望台のクラーク像には圧倒されます!

また、風景もきれいですし、文字通り羊の放牧が行われており、羊の毛刈りイベントなどのイベントが開催されているので北海道に訪れたときはぜひ行ってみましょう!

② ポプラ並木

みなさん、1度はポプラ並木という言葉を聞いたことがあると思います。
北大の中でも有名な観光スポットです!

元々は防風のために植えられていたのですが、ポプラはもろいため、すぐに倒れてしまいます。
今は防風というよりも、観光スポットとして植えられているという感じですね。

しかし、そんなポプラ並木には残念な点が2か所あります。

正直、イチョウ並木の方が感動する

私が北大に入学したての頃、イチョウ並木の景色がとてもきれいでイチョウ並木をポプラ並木だと勘違いしてました(笑)。

それほどイチョウ並木には華があります。

イチョウ並木

どうでしょうか?ポプラ並木と勘違いしてしまうほどきれいではないでしょうか?
イチョウ並木がライトアップされるイベントも開催されており、その景色は壮大です!

私のTwitterの背景は雪の積もるイチョウ並木にしています。きれいなのでぜひご覧ください!

ポプラ並木が残念な理由の1つ目は正直、イチョウ並木の方が感動するからです(笑)。

どこにあるか分からない

ポプラ並木が北大の奥深くにあるので、気づかない人も多いのではないでしょうか?
私は北大に通っていて半年間は気づきませんでした…。

ポプラ並木の場所

実はポプラ並木は北大に2か所あって、上の赤い丸がついている場所と中央左の青い丸がついている場所です。

青い丸は正真正銘のポプラ並木で、赤い丸は平成ポプラ並木と呼ばれています。

平成ポプラ並木

平成ポプラ並木は平成に入ってから植えられたもので、比較的新しいポプラ並木です。
ポプラ並木と平成ポプラ並木を比較しながら観光するのも楽しそうですね!

以上、残念な点が2つほどありましたが最後にポプラ並木の素晴らしい点を書き残しておきます。

ポプラの雪が降る!?

ポプラの綿毛

ポプラは綿毛を飛ばす特徴があります。
北大にはたくさんのポプラがあるため、白い綿毛が地面一面に散らばります。

このようにポプラによって、まるで雪景色のような光景を見ることができます。
北大の風物詩でもあるポプラの雪は夏の訪れを伝えてくれます!

③ 農学部地下一階のCoke ON自販機

ここは北大の中、特に農学部棟の中でのがっかりスポットになっております。

みなさんはCoke ON自販機を使ったことはあるでしょうか?
Coke ON自販機はアプリと連携することによってスタンプを獲得できて、15個のスタンプでドリンクの引換券がもらえます。

農学部にはこのCoke ON自販機が設置されています。
しかし、地下にあるため、電波の接続が悪く、スタンプが獲得できません…。

何のためのCoke ONなのでしょうか?(笑)
まれにスタンプを獲得できることもあるので、農学部生はぜひ挑戦してみて下さい!

以上でがっかりスポットの紹介を終わります。
最後は少しマイナーすぎましたね…。

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる