【受験生必見】大学受験の心得!

今回は受験生に向けた記事を書こうと思います!

私の大学受験の体験談をもとにお話しするのでぜひ参考にしていって下さい!
私が国公立受験だったので国公立受験のスケジュールでお話しします。

目次

高校3年の夏まで

高校3年の夏まではほとんど受験のことを考えていませんでした!
私はバドミントン部に所属しており、最後の大会が6月にあったのでそれまでは思いっきり部活をしようと思い、受験勉強は全然してませんでした(笑)。

受験勉強のために3年生になる前に部活をやめる人も多くいますが、私はあまりおすすめしません。
しっかり部活をやりきった方が後悔なく受験勉強へ取り組むことができますし、将来の思い出にも残ります!
また、高校を卒業した後も部活のメンバーとのつながりも持てます!

私は自主学習はしてませんでしたが、高校で0時間目7時間目という補習授業が存在していたので、そのおかげで受験勉強に遅れを取らなかったのかもしれません。そのような環境がないなら少しでも勉強しておきましょう!

高校3年の夏休み

部活が6月に終わってから夏休みまでは学校以外では特に勉強することもなく、ダラダラと過ごしていました。
全然、部活と受験勉強のメリハリがついてないですね(笑)。みなさんは部活が終わったらすぐに受験勉強にとりかかりましょう。

私が受験勉強に火が付いたのは夏休みのスタートと同時でした!
受験は夏休みが天王山というのを思い出して、焦って受験勉強を開始しました。

幸いなことに私の家の近くには市が運営している無料の自習室がありました。
午前9時~午後10時まで開放しているので、午前9時から勉強して、家に帰ってお昼ご飯を食べて、自習室に戻り午後8時くらいまで勉強するという生活を夏休み中送りました。
この期間で勉強の習慣がかなりつきましたね!

勉強内容はひたすら問題演習赤本を解いてました。繰り返し解いていると、

ぶーた

あ!また同じような問題か~

問題がスラスラと解けるようになっていきます!
おすすめの参考書は『重要問題集』シリーズですね!問題数が多く、解説もしっかりしています。

夏休み明け~センター試験

夏休みが明けて学校が始まっても、勉強の習慣を継続しました。
私はセンター試験で社会が必要だったため、休み時間中には倫理政経の参考書とにらめっこしてました!

学校が終わるとそのまま自習室に向かい、午後9時ごろまで勉強しました。
夏休みと同様に演習や赤本を中心に解いていました。

学校が始まってからは自習室仲間が増えて、学校終わったらみんなで自習室に向かってましたね。
仲間がいると、自分も頑張らなくちゃと感じるので今思うと良かったです。

センター試験1か月前からはセンター対策に全精力を注ぎました!
センターの過去問を全ての科目で10年以上解いて、駿台が出版しているセンター予想問題集も解きました。

センター試験(共通テスト)の点数は大きい影響を持つと考えています。
ここで良い点数を取ると、私立の受験や国公立の2次試験で余裕を持って臨むことができます!
なのでセンター対策はしっかりしましょう。

私はここでベストスコアが出せたので良い弾みをつけることができました!

センター試験~2次試験

センター試験のあとは私立の赤本国公立の赤本を中心に勉強をしていました。
自分の受験する大学の赤本だけでなく、同じ難易度の違う大学の赤本を解くこともおすすめします!
同じ難易度なので似た問題が出てきますよ!

私は私立を受けまくりましたね。一週間に3回受験したこともあります!
これだけ私立を受けまくったので受験にも慣れていき、国公立受験は緊張せずに望めました。

国公立受験には前期と後期がありますが、中期もあります!
中期は意外と知られておらず、私が先生に

ぶーた

国公立の中期も受験したいと思います!

と宣言したら、

うーま

中期を受ける生徒なんて初めてだなー

と言われました。
薬学部には中期受験がたくさんあるので医学部、薬学部志望の方にはおすすめです!

私は国公立前期に合格しましたが、私立に行くことを決めました!
暇だったので観光がてら北大の後期受験を受けてみました。
受験科目が私の得意な理科だけだったので合格することができました。

かなり迷いましたが、北海道に行ったら人生面白そうだな、という適当な理由で北大に進学することを決めました(笑)。

受験生のみなさんに少しでも参考になればうれしいです!
まだ4月なので受験勉強は始まったばかりです。ここから頑張ってください!

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる