【こんなにたくさん⁉】コンビニ店員の仕事を紹介

コンビニのアルバイトに興味があるんだけど、どんな仕事があるんだろう?と気になっている方のためにコンビニ歴3年の私ができるだけ多くの仕事を紹介していきます!

この記事からわかること
  • コンビニのバイトがよく分かる!
  • コンビニ店員の仕事
  • コンビニ店員の忙しさ
コンビニには仕事がたくさんなのだ!

レジ業務

コンビニ店員の仕事のメインはレジ業務です。
レジ業務にはさまざまな種類の業務があり、これらを覚えるだけでも非常に大変です…。

レジ業務の一部を紹介していきます!

商品の会計

レジ業務の多くは店内の商品の会計になりますね。
商品をスキャンして、お客さんから現金を受け取り、お釣りを渡すという流れになっています。

しかし、最近ではレジの自動化が進んでおり、商品をスキャンするだけでお会計は自動でおこなってくれるレジや、無人レジも導入されており、かなり楽になっていますね。

タバコの銘柄を覚える

多くのコンビニではタバコがレジの後ろに置いており、店員が取る仕組みになっています。

それぞれのタバコに番号が書いてありますが、探すのが面倒なため、銘柄で注文してくるお客さんがたくさんいます。

タバコの種類は300を超えるため、すべて覚えるのは厳しいので有名な銘柄のみを覚えておきましょう!
マイナーな銘柄はお客さんが番号で言ってくれる場合がほとんどです。

よく銘柄で注文されるタバコはメビウスアイコスセブンスターマルボロ辺りですね。
これらのシリーズを覚えておくと、レジ業務がサクサク進みますよ!

宅急便受付・受渡

レジ業務の中で一番複雑なのは、宅急便の受付だと個人的には思います。
宅急便受付の流れを以下に書いてみました。

1.伝票を受け取り、スキャン!
2.荷物の重さ・長さを計測
3.レジに住所や荷物の情報を入力
4.伝票に情報を記述
5.お客様控えを渡して荷物を指定の場所に保管

宅急便の受付だけでも覚えるのが大変なのに、さらにメルカリなどのフリマアプリによる荷物受付、そして荷物の受渡業務なども覚えなくてはいけません…。

たまにおこなうレジ業務

頻繁におこなうレジ業務はすぐ覚えることができますが、2.3か月に1回、1年に1回くらいの頻度で出現する不意打ちレジ業務はなかなか覚えれません。

例えば、ごみ処理券の販売宅急便伝票の受渡クオカードの発行テレホンカードの発行(3年間で1回だけ)、自賠責保険の受付(存在は知っているが一度も受け付けたことはない)などがあります。

1年に1回くらいの頻度の仕事は、覚えるのは諦めて先輩や店長に聞いちゃいましょう!

ぶーた

コンビニでテレホンカード買えるんだね!

商品の補充

レジ業務の仕事内容が多くなってしまいましたが、次は商品の補充に関する仕事です。

レジ業務に次いで、商品の補充は仕事の多くを占めます。
特に夜勤だと商品の補充がメインとなってきますね。

納品されてきた商品を並べたり、納品されたときに入らなかった商品を後で補充したりします。

また、商品の補充に加えて奥にある商品を前に出したり、パッケージを前に向かせるように商品を整えていくフェイスアップという作業も必須です!

レジ業務の間にフェイスアップを適宜おこなっていく感じになりますね。

商品の廃棄

コンビニでは賞味期限が近付いた商品を廃棄しています。
賞味期限が近付いた商品を、全て探し出してそれらの商品を廃棄商品として登録する業務があります。

大変そうに思えますが、ほとんどおにぎり弁当パンだけなのですぐ終わっちゃいますね!

廃棄した商品は業者に受け渡しますが、店舗によっては廃棄商品を食べたり、持って帰ったりしてもOKなところもあります。
食費がかなり浮くので、事前に調べられるなら調べることをおすすめします!

商品の発注

ある程度、仕事に慣れてきたら商品の発注を任される場合があります。
商品の発注担当の仕事はこんな感じです。

1.商品ごとの売れ筋情報をもとに、発注する商品を変える
2.毎週、入ってくる新商品をチェックして発注数を決定する
3.売場の整理(新商品が入ってくるため、毎週行う)

お店の売り上げに関わってくるため、重要な仕事ですね。
分析することが好きな人にとっては面白い仕事だと思います!

おでん・中華まん・フライヤー商品の補充、洗浄

コンビニのレジにはおでん中華まんフライヤー商品が並べられていますよね。
それらを補充したり、洗い物をしたりするのもコンビニ店員の仕事の一つです!

おでんや中華まんは補充が楽なのですが、フライヤー商品を店内で揚げている場合は大変ですね…。
特にフライヤーの洗い物は1時間近くかかるほど大変らしいです。

私はレンジでチンなので、フライヤー商品の補充もかなり楽ですね!

洗い物は夜勤でおこなうことが多いですが、おでん・中華まん・フライヤー全部で30分もかからないのでそこまで大変ではないと思います。

掃除

店内の掃除は業者に頼むこともありますが、普段は店員がおこないます。
トイレ掃除床掃除棚掃除窓掃除などを手の空いた時間に終わらせちゃいます。

電話対応

コンビニで仕事をしていると、電話が鳴ることがよくあります。
その時に店長がいなかった場合は、店員が電話対応をすることになります。

要件としては商品の予約や一番くじの在庫、苦情などがありますね。

苦情の場合は、自分より前の時間帯で働いていた店員によるミスだったりすることもありますが、謝罪しなければならないため、精神的なダメージが与えられます…。

ちなみに私は苦情の電話対応したことないため、ラッキーです!

コピー機の対応

コピー機の対応も店員の仕事です。
用紙の補充やインクの補充、エラーの修正などがあります。

用紙の補充なら簡単ですが、インクの補充やエラーの修正になってくると対応が大変になってきますね…。

インクの補充やエラーの発生自体、立ち会うことがあまりないため、発生したら軽くパニック状態ですね(笑)。

目次

まとめ

今回はコンビニの仕事をたくさん紹介しましたが、これら以外にもコーヒーメーカーに関する仕事やネット注文の対応などまだまだあります。

最初の1ヶ月は覚えるのが大変ですが、そこを過ぎれば慣れてきて楽になりますよ!

広告

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる